【山響部屋の力士に、 39デザインマットレスを使ってもらっています! 〜ちゃんこと親方篇〜】

【山響部屋の力士に、

39デザインマットレスを使ってもらっています!

〜ちゃんこと親方篇〜】

 

大相撲春場所、初日5日前の3月7日、

山響部屋の力士が合宿する成恩寺に到着。

11時前、稽古は終了しており、稽古場に通されると

すでに「ちゃんこ鍋」が用意されていました!

 

山響親方、曽和トレーナー、西中トレーナー、39スタッフに

途中から北磻磨関も加わり、ちゃんこをいただく。

 

15人分はありそうなちゃんこは、しょうゆベースで

豚肉、鶏肉、魚のつみれ、油揚げ、ねぎ、白菜、しらたきなど

具だくさん。豚肉のステーキ、卵焼き、きゅうりのキムチなどの

おかずもありました(隣のちゃぶ台にも同じ料理が並ぶ)。

 

ちゃんこは期待以上のおいしさ!

だしがよく効いており、身体もあったまりました。

ちゃんこだけで満腹に。

 

食事中、若手力士数名が私たちの後ろを囲んで給仕。

「おかわりいかがですか?」と、

取り分けるのもちゃんこ番の仕事だそうです。

 

「お客さんの横から手ぇ出すんじゃないよ!」

と突然、山響親方の怒号が響く。

食事を通して、相撲部屋のしきたりや一般常識も指導されるのです。

 

185cmの大きな身体に、ドスの利いた声。

山響親方は冗談を言いながら目尻を下げて豪快な笑い声を響かし、

何かと私たちを気づかってくださいました。

声も姿も器も、まさに容貌魁偉な親方。

相撲界を支える人物にすっかり圧倒されました。

 

あとで鳰の湖さんに親方はどんな方か聞いたところ、

「基本は何でもわかりやすく教えてくれます。

稽古中は怖いですよ。厳しさの中にもやさしさのある親方です」

と言われていました。

 

いよいよ次から、

「39デザインマットレスで、

アスリートはぐっすり眠れるのか!?」と題して

力士取材レポートをアップします!

 

 

図1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0194

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0188