【39デザインマットレスで、アスリートはぐっすり眠れるのか!?〈1〉〜山響部屋 彩の湖篇〜】

【39デザインマットレスで、

アスリートはぐっすり眠れるのか!?〈1〉

〜山響部屋 彩の湖篇〜】

 

成恩寺の敷地にある力士の宿舎へ。

まずは、床朝さんに髷を結ってもらっている最中の

彩の湖(あやのうみ)さんに「39デザインマットレス」の

寝心地について聞きました。

 

彩の湖

「今までは敷き布団を一枚敷いて寝ていましたが、

その上に39デザインマットレスを敷いて眠ったら、

朝すっきり起きれました。

昼寝の一時間だけでも、すっきりします」

 

とてもうれしい感想です!

初日から熟睡できたそうで、マットレスの良さを実感されています。

 

さらに

「なぜすっきりするんだろう、血の巡りがよくなるんですかね?」

 

「睡眠時間が短かかったり、眠りが浅いと

次の日の稽古に影響が出るので、睡眠は大切です」

 

場所中は緊張して眠れなくなるのでは? と聞くと

 

「昔は緊張してなかなか眠れなかったんですけど、今はすぐ眠れます。

土俵に上がっても緊張しなくなりましたね。

場所中は昼寝ができないし疲れるので、夜は9時か10時には寝ます」

 

さて、彩の湖さんの「血の巡りがよくなるんですかね?」

という疑問に、曽和トレーナーが応えてくれました。

(曽和さん:アスレチックトレーナー・鍼灸師・柔道整復師)

 

「睡眠中は横になるので腰や肩に体圧がかかってしまい、

その部分の血管がどうしても圧迫されてしまいます。

しかし、39デザインマットレスは体圧分散性に優れているので、

血管の圧迫を最低限に留めてくれるのでしょう。

 

だから、血の巡りがよくなったように感じ、

すっきり起きることができるんだと思いますよ」

 

「力士の筋肉は一般の人よりやわらかい。

アスリートは筋肉のやわらかさが成績に関わると思います。

筋肉がやわらかいということは、血液の供給がしやすいということ。

つまり、どれだけ酸素を筋肉に送れるか、それを心肺能力と言います。

心肺能力が高いのは、強いアスリートの証拠です」

 

「39デザインマットレスは、睡眠中の筋肉を圧迫しにくいため、

酸素も血液も循環しやすいのではないでしょうか」

 

鍼灸整骨院を経営し、多くのアスリートの施術をされている

曽和さんの解説に一同納得しました。

 

つづく

 

写真上:彩の湖さん(小さい写真ですみません!)。

写真下:床朝さんと大和湖(おおやまとうみ)さん。

 

DSC_0199切り取り

 

DSC_0266